メニュー ホーム

事故歴のある車の場合、車査定では、普通より悪い査定

事故歴のある車の場合、査定では、普通より悪い査定となることがほとんどです。とはいえ、事故歴がないと嘘をつくようなことはやめておいた方が得策です。

なぜかと言うと、嘘をついた後に事故車であるとバレて面倒なことに発展するケースをよく耳にするためです。中古車の買取業者は本職の人たちなのですから、事故車でないとシラを切っても程なくバレてしまいます。不愉快な思いをしないためにも、ストレートに事実を伝えた方がいいでしょう。
買取業者の査定を控えた時点で、車についてしまった傷やへこみをどうしたものかと判断できないケースもありそうです。

一見してわからない自分で直せそうな小さい傷なら、直しておくにこしたことはありませんが、お金をかけて修理に出すことはありません。
どうしてかというと修理して査定額が上がったとしても修理代金の方が大きくなってしまうからで、自分で直せないくらいの傷なら修理しないままであまり気にせず査定を受けてしまいましょう。車を売却する時には、高価格で売れる時期やタイミングを逃さないように十分に気を付けることが大切です。特に3月の決算期や9月の中間決算の時期は車を高値で売ることが可能です。

あと、ウインターシーズンの前には、4WDなどのアウトドア車が売れやすいと考えられます。こういったタイミングで、車を高く売却するには、時期を考えるのも必要となるのです。

車の査定時、具体的になにを見るかですがメーカーがどこか、車種は何か、ということだけではなくて、車検証の情報から年式、グレード、カラー、などを確認するのは当然必要なこととなっております。



これに加えて、申し分なく動くかどうかの動作チェック、エンジンルームをくまなく点検することも行うことになっていますし、そうした作業も含めると、車の査定を受けるのには早くて15分、もしくは30分程は見ておいた方がいいかもしれません。



車買取の順序は大まかにはこのような通りです。最初に申込みを行います。



電話で申し込むか、直接来店して頂き依頼する方法、インターネットを使って申し込みを完了させる方法もあります。


申し込みが済んだら、査定が開始されます。査定担当者がの状況をジャッジし買い取り金額を提示し、その額に納得できたら成約となります。
以上のように車買取は進みます。
実用品ですから仕方がないとはいえ、ボディの擦り傷やへこみ等も実査定をする際に隅々まで確認されるのが普通です。



見てすぐわかるようなキズは当然ながら減点ポイントになりますが、洗時に間近にじっくり見ないとわからないレベルの傷は所有者が心配するほど査定額に響くことはありません。
査定前には僅かなキズでも気になるかもしれませんが、修理に出したところで買取額でその修理費の元がとれることはほとんどないというのが実情です。車の修理費は個人と法人(買取業者)で大きく違いますから、個人で高い修理費を払うよりそのまま買取に出したほうがトクなのです。
新車に購入し直す時、今まで使ってきた車は販売業者で古いほうを買い取ってもらう方が多くいると思います。でも、専属の販売店での調査では年式と走った長さで、判断されてしまう場合が多くなっていますじから、新車ではない、自動の市場で評判がある車でもそれほど高いお金の査定は可能性は低いでしょう。
中古車買取業者を買い取ってもらう時、注意した方がいいもの、それは、自動車税です。


もう支払ってしまった自動車税は月賦で返してもらえるようにはなっていますが、買取価格の一部になっていることもあります。他の買取業者よりも高く買い取ってもらえると思ったのに、現実には安かったという事態に陥ることもありますので自動車の税金の対処の仕方は重視すべきです。



先日、査定表に目を通して落ち込みました。


私の車はこれだけの金額なんだと考えました。



一般人とは違って、あちこち点検が加えられていました。



落胆してしまったので、他の買取店にも査定を頼んでみたのですが、だいたい同じ内容でした。車を少しでも高く買い取ってもらうコツは、複数の買取業者に査定をしてもらうことです。



ヒマがないからと言って、1つの業者にのみ、車の査定をやってもらい、買取してもらうと本当に適切な値段で買い取ってもらえたのかさっぱりわかりません。

少しだけ時間と手間をかけることで、買い取り金額にはっきり差がでてしまいます。車を友人や知り合いに売る場合、知っている人だからと安心するのは注意が必要です。


やるべき手続きをしていなければ、無駄な費用を支払わされる可能性があります。

後から大きなトラブルとならないように名義変更などの手続きは重要なので間違いなくちゃんとしておきましょう。

どんなケースでも車の査定は走った距離が短いほどプラスの査定になります。
走行距離が長ければ長いほど車が悪くなってしまうからです。



そうはいっても、走行距離のメーターをいじってしまうとサギですから、走った分はもうどうしようもないです。


今度から、いつかは車を売りに出すことも頭に入れておいて余計には走り過ぎないようにした方がいいと思います。車を売る際に、車検が切れている場合はどうすれば良いのか迷うことがあります。
車を少しでも高く売るには車検に出す方がいいのではないかと思うかもしれません。



でも、それは違います。

もし車検に出したとしても、割に合う査定額の上乗せは望めません。車検が切れた状態で査定に出した方が総合でみてお得なのです。

中古車の査定額の概要を知りたくなったら、ウェブを通して行う無料の中古一括査定サイトを活用してチェックする方法も存在しますが、メーカーのホームページ上で参考となる見積金額を知ることもできます。
自動車メーカーのサイト上ならば名前などの情報を一切知られずにその車の年式や種だけで検索できるサイトもあるようですから、無料の中古一括査定サイトを使ったときのように営業電話がしつこく何回も掛かってくる可能性は低いのです。
自動車を販売する場合に、少しでも高く売りたいと思っているなら、色んな買い取り業者に査定を依頼してから売ることを決断した方が良いと思います。なぜなら、その会社により査定、買取の価格、又は条件などが違うことが多いからです。


後々後悔しないように、他にも査定を受けるようにするのが良いでしょう。



カテゴリー:車一括査定

やすひどん