債務整理の方法

極力借金をしないように生きる、というのは多くの人が考えていることでしょう。
しかし、実際にどうしても仕方ない理由で借金が必要となるということは少なからずあります。
そういった場合でも、しっかり問題なく計画通りに返済することが出来るのであれば、特に大きな問題はありません。

しかし、借金において何よりの問題であるのは、計画通りに返済することが出来なくなってしまう場合です。
例えば思っていたように収入が得られなかった場合や、病気や怪我などで働けなくなってしまった場合など、様々な理由が考えられるでしょう。
こういった場合には「債務整理」を行うことを考えなければなりません。

債務整理、というのは債務、すなわち「借金を返済する義務」を遂行することが困難になったため、債務自体を見なおして整理することにより、貸主、借主双方に取って良い結末を導くための話し合いをすることを指しています。
この債務整理には大きく3つの方法が存在しており、それぞれ手順や流れというものが全く違っています。
まず1つ目の債務整理であるのが「任意整理」です。
これは金融会社の善意によって行われる任意の債務整理のことを指します。
2つ目は「民事再生」です。
一定の制約があるものの、法律に従って債務整理を行う事ができる方法です。
3つ目は「自己破産」です。
大きなリスクを伴う上に利用には条件があるものの、債務を完全に失くす事ができるという最終手段となります。


≪外部リンク≫
借金を返せなくなってしまった方向けに債務整理の手続きを教えてくれるサイトです ⇒ 債務整理 手続き

Copyright © 2014 債務整理を行う流れ All Rights Reserved.